未開封品買取ネット店長Nのブログ

アニメの世界では


こんにちは。

未開封品買取ネット店長Nです。


今日はやっとブログを書く時間が取れました。

ちょっと疲れ気味。

なので、今日はちょっと脱線します。



アニメの世界では

実は昨日ちょっと考えました。


久々にテレビのニュースを見たのですが、その中で原発事故のメルトダウンを日本政府が隠していたという内容がありました。

その番組の中できっと頭の良いであろう大学教授が出てきて、

「このような想定外の事態にも対応できるようにしないといけませんね。」

と他人事のように言っていました。


本気でそう思っているんですかね・・・



原発があるところに大きな地震が起きたら、原発が事故るのは中学生でもわかりますよね?


それが学力の最高峰の大学教授にはわからないのでしょうか?

もしそれが本当にわからないのだったら、日本の大学っていったい何?


私は近所のアニメを見ている中学生の方が計算や物覚えは悪いかもしれませんが、頭がいいような気がしてきました。

え?

そんな事は無い?


でも・・・アニメやマンガでは

・もうすでに日本が滅んだ後の設定。

・核戦争後の設定。

・原発事故で生態系が変わってしまった話。

などなどいくらでもあります。



その中で人類が生きていく話が沢山あります。

子供の方がすんなりとその現状を理解していませんかね?


頭の良い大学教授はそういう漫画を読んだらなんと言うのでしょうね?



大人はマンガやアニメをバカにしますが、的を得ているところが時々あります。

(まあ、私も大人のはしくれですが・・・)



未来に期待していない子供。

現在に過信している大人。



どちらが正しいのか・・・・

これから本当にどちらが正しいのかわかるでしょう。

天顕祭 (New COMICS)/白井 弓子
¥924
Amazon.co.jp

この話は放射能という現実とフィクションを絡めた不思議なマンガ。

反原発の内容ではありませんが、興味深い作品です。



まじめに書くつもりが散文になってしまいました。

読んで頂いて有難うございました。